2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 文芸社削除要求の記事⑪文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾壱 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 | トップページ | 文芸社削除要求の記事⑬文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾参 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 »

2011年8月20日 (土)

文芸社削除要求の記事⑫文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾弐 「小野寺専務行状記・続々公私同一」

15_1

MMS(左右2本・緑色ポリ瓶)とクエン酸保存用ポリ瓶(中央・青色)左右2本は、目視できるとおり、右から左を合成しています。

「続々・公私同一」の巻③ 

小野寺潤専務言行録Ⅲ(のつづき)

ボクちゃん専務こと小野寺潤専務が売りさばいていたのは、商品名「MMS」(ミラクル・ミネラル・サプリメント=ソデアムクロライトナトリウム亜塩素酸塩)で、確かにプールの消毒・殺菌に昔から使われている「通称、塩素」と同様のもの。それを人間の消毒・殺菌にも使ってしまおうという画期的な発想は、並みの人間には到底できない。

既報のとおり、右岸ダではエイズにもばっちり効く実績が証明されたというふれこみなのだから、左岸ダや日本でも効くのは間違いなく、そうだとすればノーベル賞受賞も現実のもの、と考えてあたりまえだが、そう考える人がどれくらいおるもんやろか。

いくらなんでも出版社の専務ともあろうものが、こんなプールの消毒剤とやらを万病に効くと称して堂々と売っているなど、並みの人間には到底信じがたい。しかし、ホンマにホントなのである。ひとつ間違って従業員全体の雇用にかかわる事態を招いたら、いったいどう責任を取るのか。「瓜谷社長のご承認」をふりかざすボクちゃんだが、この消毒薬の販売にもご承認とやらが及んでいるとは考えにくい。だがしかし、品物を会社宛に送り付けさせていることなどからして、包括的な承認が存在する可能性は否定できない。そうだとすれば、ますますこの版元本体が危うい。ボクちゃんの身の上がどうなろうと知ったこっちゃないが、働く人びとの生活は優先的に守る必要がある。

クンちゃんは大嘆息して、やむなく事態の収拾に動くことにした。

まず、東京都庁・薬事監視課に電話すると、とにかく現物を持って役所の担当官のところに来い、という。

来い、と言われても、当事者として出頭するわけで、当事者としての身分を証明づけるものが必要になる。そこで、この段階ではこの消毒薬を売っている主体は「株式会社ロゴストロン東京オフィス」であるとのボクちゃんの説明により、クンちゃんは急遽ロゴストロンに所属していることになり、その名刺をつくる手配がなされた。それが、既報「通算NO13」で公開済みであるが、次に掲げる名刺である。

8_1

2010年8月13日、役所に持参するMMSの緑色ポリ製ビン(3分の1ほど中身があった記憶)、クエン酸結晶、溶解クエン酸保存用のポリ製青色ビンが揃い、前記名刺とともにクンちゃんに引き渡された。それを裸で持っていくのも不都合なので、何か袋をくれ、とボクちゃんに言うと、そのへんにあった「文芸社」の名入り大封筒を差し出したので、まさに肝がつぶれる思いがした。自分がやっていることが、どういう意味を持つのか、それがまったくわからない人なのである。

例の名刺とブツを携え(ブツは別の袋に入れた)、クンちゃんは西新宿の東京都庁第一本庁舎21階の健康安全部、薬事監視課という担当部署を訪れた。

8_2

出てきた担当官は確かに若い女性だが、当然ながら知識も能力も抜群の印象で、これでは指示されるままに処理するよりほかはない。

結局、ブツの出入りの関係、売り先の関係、もう売りませんという誓約などを盛り込んだ報告書を提出せよ、という。

クンちゃんは、尻尾を垂らしたまま、ひっそりと都庁を後にした。

それから数日かかって、ボクちゃんからいろいろと聴き取り、それらを株式会社ロゴストロン代表取締役名義の報告書草案にまとめた。まあ、これで一件落着、もううんざりだわい、いい加減にしてもらいたいとほっと一息ついていると、また内線電話が鳴る。

ボク(ひと呼吸おいて)
  「ちょっと困ったことになっちゃいまして、すぐ来てもらいたいんですが…」

しぶしぶ8階に上がっていくと、ロゴストロンの七沢・代表取締役に苦心の報告書(案文)を送信し、代表印をもらいに甲府へ行くことを伝えると、七沢氏から大クレームがついたというのだ。そして、このMMS問題は七沢氏とはまったく無関係である、という前提をもってすべて措置せよ、と大ムクーレでもあるという。

そりゃあ、困った! 前提を変えるのはえらく大変だ。役所だって、ああそうですか、と簡単にいくかどうか。

しかし、七沢大教祖の言うことであり、寺野小教祖としては従わざるを得ない。

しょうがないので、間違ったということで口を拭いつつ、ロゴストロンとボクちゃんの会社(プラネット・アース)はまったく関係がないようにしてしまおう。こんな、すっとぼけが通用するかどうか、やるだけやってみようということになった。

そこで、クンちゃんはまた鉛筆をなめなめ、次に掲げる報告書案文を作成、ボクちゃんが甲府へ送信したところ、「これなら、よかんべ」ということになった。そうして、ボクちゃんが大慌てで甲府を往復し代表印をもらってきたのであった。

12_1

12_2

クンちゃん、ついに文書のデジタル化を実現しました! 
作成者が首をかしげる、こんなんでも通用しちゃうことが判明!
寺野小教祖の実名を行きがかり上、工作しています。 

(この項つづく)

掲載予定記事の一例 

(予告。掲載順ではありません。体調不良と老齢のため、不定期のアップになります。ご了承をお願いします。内容は変更される場合があります。)


■鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張 (其の壱・調査活動の顚末)
(其の弐・まゆみさんが詐欺罪で文芸社を告発。寺野専務らに代わって東京地検に何度も呼び出されたクンちゃんの泣き笑い)
●鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張(其の参・まゆみさん告発で、東京地検捜査をどうすりぬけたか、その真相)
●特報! 三社関係現役・退職者座談会「文芸社・岡林第一、第二編集部長ってのは、
三一書房従業員(かつて、闘争前)、草思社専務取締役(ついこの間まで)として何をやり、何をやらなかったか」
●新風舎と碧天舎の倒産前後
■自費出版図書館はどうなっちゃったか。あの人が何故?
●特定商取引法改正と自費出版業界(本も出た、本屋に並んだ、広告も出た。だが、文芸社に支払ったあのカネを返してもらいたい…そんな方は必読) 
◆文芸社が東京経済・渡邊勝利氏を名誉棄損で訴えた裁判(いわゆる渡邊裁判の顚末) 
◆渡邊裁判敗訴後の渡邊勝利氏とその末路(あの威風堂々の男が…カネには勝てんのか!?)
●祝 この春、新宿旧NAOビルに一族郎党揃い踏み、ゲェッ!あれが4階に! するってえと、日本文学館ってのは?
◆現在、係争中の裁判リポート(「300冊配本はウソ」とがなりたてるアホにてこずるボケ、ほか)

« 文芸社削除要求の記事⑪文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾壱 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 | トップページ | 文芸社削除要求の記事⑬文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾参 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1571549/41608116

この記事へのトラックバック一覧です: 文芸社削除要求の記事⑫文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾弐 「小野寺専務行状記・続々公私同一」:

« 文芸社削除要求の記事⑪文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾壱 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 | トップページ | 文芸社削除要求の記事⑬文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾参 「小野寺専務行状記・続々公私同一」 »